太陽光採光システム「ひまわり」は3つの仕組みから構成されています。@屋外に設置した集光機で太陽の光を集め A集めた太陽光を専用の石英ガラス製光ファイバケーブルを使って照射希望の場所まで運び、B専用の照射器具から 太陽の光を照射するシステムです。日の出から日の入まで太陽を自動追尾しますので、天窓や鏡を利用するシステムのように部屋の位置や窓の方位、太陽高度による影響がなく、一日中安定した採光が可能になります。

日の出から日の入りまで刻々と動く太陽を正確に捉えるために太陽センサー付自動追尾システムを 搭載しています。この機能により光を集める集光部が常に太陽と正対するようコントロールされ、最大効率で光を集めます。

< 自動追尾システムの特徴 >

  • 集光部の太陽センサーと、別に内蔵された時計機能によって制御します。
  • 直射日光が出ているときはセンサーによって正確に太陽をとらえます。
    太陽が雲などでさえぎられるときには、時計機能によって計算上の太陽軌道に沿って動きます。
  • これにより<晴れ−曇り>の変化にもすばやく対応でき、効率よく集光できます。
  • 日没後は<休止モード>となり、翌朝の日の出に備えます。

太陽光採光システムひまわりに採用している光ファイバーは高品質、高純度の石英ガラス製の光ファイバーケーブルです。 直径は約15mmという非常に細く、また、曲がりの制限もないので、建物内を自由に運ぶことができます。 また石英ガラス製ファイバーケーブルはプラスティック製に比べ、長距離伝送に伴う光の損失が非常に少ないことが特徴です。 そのため、集光部と照射部が離れてしまう高層ビルや住宅の地下室などでも充分な明るさを確保することが可能となります。