• ホーム
  • >
  • Q&A⁄お問い合わせ
  • >
  • 法人のお客様からのQ&A

「ひまわり」光とは自然の太陽光の中から有害な紫外線を除去した太陽光です。
自然の太陽光には、光の波長が異なる多くの光線が含まれていますが、この中で波長の短い「紫外線」や波長の長い「赤外線」は、多すぎると動物や植物に悪い影響を 与える事が知られています。紫外線は日焼けの原因ですが、この紫外線を浴びすぎると皮膚ガンの遠因になるという報告もあります。 「ひまわり」光は、有害な紫外線を、自然の太陽光から除去して、光ファイバーで伝送するようにしていますので、単に明るさを得るだけの照明用途だけでなく、安全な 日光浴や植物栽培などの分野でも効果が期待できます。

「ひまわり」は太陽光を非球面レンズという特殊なレンズで集光します。レンズで光を集めると、紫外線、可視光線、赤外線など各波長毎に集まってくる点ができます。 この点をそれぞれの波長毎の焦点と呼びます。
利用したい波長の焦点位置に光ファイバーの先端をもってくると、効率よくその波長を光ファイバーの中に入れることができますので、紫外線または赤外線の焦点に先端を 合わせれば、これらを送ることは可能です。 ただし、紫外線は部材の劣化を早める問題、赤外線は熱エネルギーによる部材耐久力の問題から実用的な利用には工夫が必要です。

「個人のお客様からのQ&A」でも回答させて頂きましたが、太陽の光エネルギーを「光」として蓄積し、人工照明のように室内の明るさを維持する技術は世界的に確立されていません。

「ひまわり」で使用している光ファイバーはケーブルは「PCS光ファイバ-ケーブル」と呼ばれるもので、芯線中心部(コア)の 材質に高純度の石英ガラスを使用しています。プラスティック製と比べて、長距離での光の伝送損失が非常に少ないのが 特徴です。(例:100mでの光ファイバーケーブルの伝送効率は76%) *光は、ファイバーの素材や反射の回数によって段々と弱くなります。またケーブル途中で繋ぎ合わせるとその接続面で相当量の エネルギーが失われます。「ひまわり」の光ファイバーケーブルは、ガラス素材と繋ぎ目なのないケーブルを採用するによって、 高い伝送効率を維持することが出来ます。

「ひまわり」集光部では各レンズやミラー1つに対して1芯ずつ光ファイバーケーブルを接続し、太陽光を集光します。 この1芯ずつ集光した光ファイバーケーブルを、ASレンズ仕様は6芯、カセグレンミラー仕様は3芯束ねたものが1本の 光ファイバーケーブルになります。小型集光機(ひまわりAS、ひまわりCA-S)で最大2本、大型集光機(ひまわりCA-G)で 最大6本まで接続できます。(光ファイバーケーブル本数=ひまわり照明器具の数となります。) ただしそれ以上に光を 分岐することを希望される場合には、ケーブルを特注加工する必要がありますので、別途御打合せによって作成させて 頂きます。また分岐することによって、ケーブル1本当たりの光量は減ることになります。

<保証の範囲、期間>

集光機は設置工事完了日から3年、光ファイバーケーブル、端末照明器具他は1年が保証期間となります。 保証の範囲は、通常の正しい使い方で使用していた場合に保証いたします。ただし、天災による破損などはこの範囲には含まれません。

<ランニングコスト、メンテナンス〈例「12眼ひまわり」〉>

<電気代>

<ランニングコスト> 小型集光機(ひまわりAS、ひまわりCA-S)で1台につき消費電力が約2Wです。電気代に換算するとおおよそ1日 1円以下です。大型集光機(ひまわりCA-G)で消費電力が約5W、電気代に換算するとおおよそ1日3円程度となります。 オプションとなりますが専用の太陽電池パネル駆動でのご利用の場合は、電気代は一切かかりません。

<メンテナンス>

お客様自身での日常的なメンテナンス(点検、整備など)は必要ありません。集光部のドームが汚れすぎた場合には水洗いするなどの処置をすれば充分です。 保証期間内の機器自体の不具合は無償で修理をおこないますが、4年目以降の点検と修理に関しては、別途保守契約を結んで頂く場合もあります。