• ホーム
  • >
  • Q&A・お問い合わせ
  • >
  • 公的支援制度

  
太陽光採光システム「ひまわり」は、文部科学省の推進する環境を考慮した学校施設(エコスクール)の整備推進に関する「パイロットモデル事業」の公的補助審査対象設備です。
  

  
地球規模の環境問題が社会的に大きくなっている現状から、学校施設の環境負荷を低減しエコスクールの具体的な整備推進を実施し、児童生徒の環境教育しながら、今後の学校施設の整備充実を図る
  

   

1.事業者実施対象

都道府県又は市町村(特別区を含む)

   

2.事業形態

文部科学省と経済産業省が関係事業について協力して実施する。文部科学省が窓口で、補助金は事業施設内容により、補助金の出所が文部科学省と経済産業省に分かれる。

 

3.事業タイプ(補助対象)

●新エネルギー活用型…太陽光発電、太陽光熱利用、風力等

●緑化推進型…建物、屋内緑化

●中水利用型…雨水、排水再利用等

●その他省エネルギー・省資源型…「太陽光採光システム」、生ゴミ堆肥化施設等

 

4.補助金について

●基本計画の調査研究費を負担する。

●公立学校(幼稚園〜高校)の施設整備費を負担する。

太陽光採光システムはこの施設整備費に該当し、下記の工事費の全体に含まれて、補助金として拠出される。

建築条件補助率
新増築1/2
改築1/3
大規模改造1/3

 

5.審査について

●都道府県又は市町村は事業計画書を文部科学省に提出する。

●文部科学省と経済産業省は事業内容を審査し、事業内容に応じ協議した上で事業実施対象を決定する。

 

制度の詳細

エコスクール・パイロットモデル事業に関して、

詳しくは文部科学省のホームページを検索してご覧下さい。http://www.mext.go.jp/